· 

金属材料基礎講座-126

JIS G4404 合金工具鋼鋼材 冷間金型

 冷間金型10種類の化学成分を表1に示します。冷間金型は大きくSKSとSKDに分かれます。SKDはダイス鋼とも呼ばれます。両者の違いはCやCr量に現れます。SKSのCは約1%、Crも1%以下の量ですが、SKDではCは2%、Ctは12%程度まで添加量が高くなります。冷間金型鋼としてはSKD11がよく使用されます。空冷で焼入れができるほど、焼入れ性が良く、耐摩耗性に優れます。これは粗大なクロム炭化物があるためです。また、焼入れの変形も少ないです。ゲージ、プレス型などに使用されます。

 種類の記号 C Si Mn Cr Mo W
SKS3 0.90~1.00 ≦0.35 0.90~1.20 0.50~1.00 a) 0.50~1.00 a)
SKS31 0.95~1.05 ≦0.35 0.90~1.20 0.80~1.20 a) 1.00~1.50 a)
SKS93 1.00~1.10 ≦0.50 0.80~1.10 0.20~0.60 a) a) a)
SKS94 0.90~1.00 ≦0.50 0.80~1.10 0.20~0.60 a) a) a)
SKS95 0.80~0.90 ≦0.50 0.80~1.10 0.20~0.60 a) a) a)
SKD1 1.90~2.20 0.10~0.60 0.20~0.60 11.00~13.00 a) a) b)
SKD2 2.00~2.30 0.10~0.40 0.30~0.60 11.00~13.00 a) 0.60~0.80 a)
SKD10 1.45~1.60 0.10~0.60 0.20~0.60 11.00~13.00 0.70~1.00 a) 0.70~1.00
SKD11 1.40~1.60 ≦0.40 ≦0.60 11.00~13.00 0.80~1.20 a) 0.20~0.50
SKD12 0.95~1.05 0.10~0.40 0.40~0.80 4.80~5.50 0.90~1.20 a) 0.15~0.35

P、S:≦0.030

a)意図的に添加してはならない。

b)SKD1はV≦0.30を添加してもよい。

JIS G4404を元に作成